2017年5月22日月曜日

常総市で「池前アルバ」の植樹祭開催

 以下は茨木放送社長の北島さんからのご報告です:
 前田さん、みなさま。北島です。昨日、常総市のあすなろの里で、池前アルバの植樹祭を行いました。神達市長、ブラジル副総領事、市内に住むブラジル人の家族らが参加してくれました。
 式典のあとは、中平マリコさんの植樹祭コンサートを開催、地元のヨサコイグループがイペー音頭を踊り、盛り上がりました。池前アルバは全員元気です。
  前田註:「池前アルバ」30本の植樹は、4月20日に行われています。
 その様子は下記です:
   http://kirishiman.blogspot.jp/2017/04/30.html
 





2017年5月17日水曜日

屋根の雨漏れ修理

 拙宅は築20年です。屋根から雨漏れが始まり修理中です。雨漏れの原因と今日の修理状況を記録します。修理の職人さんはお一人です。
 雨漏れの原因は玄関上部左右の「谷」に使われていた銅板の穴開きでした。左右2枚の銅板に瓦の溝から水が流れ落ちる部分各7ヶ所のほぼすべてに10円玉大の穴が開いていました。穴開きの原因は、職人さんの見解では瓦のアクだろうとのことですが、桜島の降灰がヤスリの役割をして穴開きを助長したのではないかと思います。
 瓦は淡路瓦ですが、職人さんは八尾に長年住まわれて、淡路瓦になじみがありました。素晴らしいウデの持ち主で幸運でした。
 鹿児島県では島津公由来の仙厳園の建物の瓦が淡路瓦です。施工が、一枚ごとにステンレスの釘や針金で留めるので大変手間がかかります。おまけに拙宅は「平木」を使っていますので、職人さん泣かせです。
  新築当時、銅板が一般的でステンレス板は無かったようですが、今回はステンレス板です。
  「谷」の部分まですべて瓦で施工する技術の開発が必要です。チタン系鋼板もありますが、価格、耐久性などの面で瓦に挑戦してほしいです。
 







今日の仕上げ:雨が降っても大丈夫な状態まで頑張りました。
反対側を翌朝撮影:釘を打てない部分はステンレスの針金で固定
意外と早く、2日で完成(15時頃撮影)
 

2017年5月8日月曜日

愛知県の池前アルバ

 今回は愛知県の東海市です。5本の1m前後の苗を4月26日に発送しました。連休なのに、うまく、いったん鉢植えして頂きましたが、先方のご意志でこの中の2本を地植えすることになりました。当方も嬉しいです。ヒョットしたら、池前アルバの実力を知って頂いた結果ではないのかなと思います。鉢植えは本職さんかも・・・、土の量はこうでなければいけません。ここも試験栽培です。

2017年5月7日日曜日

イペーロッショ・Tabebuia heptaphyllaが初開花

 イペーロッショ(Tabebuia heptaphylla、親木はポルトアレグレ市の風車小屋公園)が初開花しました。昨秋からほぼ毎日着蕾の有無を観察してきたのですが、着蕾を確認できず、自分としては「いきなり開花」(下部)ではないかと思いたいくらいです。5ヶ所の枝先に開花しています。樹高は約5mです。
 2010年12月の播種ですから6年半での開花です。2016年1月25日の零下9.1℃では一部の枝先で数センチの枯れ下がりがありましたが、2017年1月25日の零下5.4℃は蕾も無傷で乗り切ったことになります。
 前田農園では佐々木ロッショ(Tabebuia impetiginosa)が12月に開花したことがありますが、耐寒性が弱く毎年根元まで枯れ下がって、ひこばえで復活している状態です。
 



親木:

参考資料: 
「風車小屋ロッショの盆栽仕立てと、2016年1月25日の寒傷みの記録」クリック 

「いきなり開花」に関する(註):
 「花芽分化の時期に関する件ですが、1つだけT.roseaは春、芽が動き出すと同時に、花芽形成を行い、いきなり開花して参ります。Tabebuiaの中では熱帯型で、1シーズンのどこででも花芽形成・開花ができる「種」だから、ありうるのではと推察しています。」からとった新語。



-

2017年5月3日水曜日

タベブイア・アルバが開花

 タベブイア・アルバ(SC131209-白:クリチーバ サンタ・カンジダ)の初開花です。2014年5月播種ですので、丁度3年目の開花です。樹高2.5mです。
 花房は「池前アルバ」(前のブログに写真)に比べてやや散開状です。一房の花の数は50輪くらいです。比較すると「池前アルバ」の160輪のすごさが判ります。


  2016年1月25日未明の零下9.1℃の寒害調査結果:
 データはウソをつきません。寒害ゼロの「池前アルバ」や「RT」に続いて被害の少なかった下表のNo.5「SC131209-白」が開花したのです。