2017年12月13日水曜日

イペーロッショの根性

 2017年12月13日、イペー畑を巡回中に発見しました。藪の中に捨てたイペーロッショ(Heptaphylla、ポルトアレグレの風車小屋公園)の根の切断片から根が出て発芽していました。写真の切断片の左端から右端まですべて根です。昨年の4月頃、隣にあったイペーを移植する際に伸びてきていたこの根を取り除いて捨てたものです。地面に近かった右側1/3から草の中で発根、地面に食いついたようです。除去する際にスコップで滅多切りにされて、左のくびれた部分には形成層が殆ど無かったのですが再生しています。可哀そうなので、植えてやりました。
 春に伏せ根をして、その年は発芽しなかったものが、翌年発芽して成長することもあります。 

2017年12月12日火曜日

イペー市のイペーが発芽開始

 2017年12月5日に播種したイペー市のイペーの5種類すべてが発芽を開始しました。陽に当たらなかったので、双葉が黄色です。今後、陽に当てます。播種後7日目です。


2017年12月8日金曜日

2代目池前アルバ播種

2017年12月4日、柳井市から送られた2代目の池前アルバを播種しました。初代池前アルバの苗を48本さし上げた中から数本が開花したようです。前田農園でも開花しましたが、結実しませんでした。
                                        

        

2017年12月5日火曜日

イペー市からのイペーの種子を播種

 2017年12月5日、イペー市で採種されたイペーの種子5種類その他を播種しました。
   来年の冬から厳しい耐寒試験が始まります。零下9.1℃に耐えて開花する「池前アルバ」を超えるものが出現することを期待しています。
 写真の状態の上に、種子がやっと隠れるくらいの厚さで覆土します。各トレーは離れた場所で作業したのですが、物指で測ったわけではないのに、面積区分用の竹串が見事に正確にセットされていますので、まだ耄碌はしていないようです。
   電気毛布と布団で温度管理します。12月6日追記:サランラップをかけた
 
保温対象によっては冷蔵庫の上が最適(24~27℃)なことに最近気づきました。

 
 
 

2017年12月3日日曜日

イペー市のイペーの種子到着・Ipe semente da Cidade Ipe

 本日、Rio Grande de Sul州 Ipe 市(標高760m)からイペーの種子5種類が到着しました。多くの方々の多大なご協力で実現しました。勿論植物検疫にしっかりと合格しました。
  イペー市という名前の由来を調べました。この地にイペーアマレーロの木が沢山あったことに由来します。イペー市はブラジルの南部に位置し、標高も760mと高い場所で、イペーの耐寒性に期待します。

訳責 前田
Cinco tipos de sementes de Ipe chegaram hoje a partir de Cidade Ipe (760 m de altitude) no Rio Grande de Sul. É claro que estamos firmemente passado para a quarentena de plantas. Examinei a origem do nome da Cidade Ipe. Originou-se do fato de que havia muitas árvores Ipe amarrero nesta área. Cidade Ipe está localizada na parte sul do Brasil, onde a altitude é de até 760 m. Eu esperando a resistência ao frio de Ipe.
播種した内容(クリックで鮮明化

イペー市の名前の起源出典:イペー市のホームページ http://www.ipe-rs.com.br/historico.php
訳責前田・池田久成氏監修

  1936310日、大司教はヴァカリアの大教会の付属としてサンルイス デ セントラーザ教会を建てた。193645日、最初の司祭にFrei EduardoTottoが就任した。イぺーアマレーロの木々が沢山あったことにより、彼がこの地区にイペー村(Vila Ipê)という新しい名前を付けた。1987年、州法8.48219841212日)により、Ipêという自治体が発足した。

原文(前段省略)
Em 10 de março de 1936, o Arcebispo criava a paróquia de São Luiz de França, anexando à Prelazia de Vacaria. Em 5 de abril de 1936 toma posso o primeiro Vigário Pe. Frei EduardoTotto. Foi ele quem deu um novo nome ao local, devido ao grande número de árvores de Ipê Amarelo: Vila Ipê.
 Em 1987, pela Lei Estadual 8.482 de 12.12.1987 foi criado o município de Ipê.
 
前田註:イペー市の北東48Kmにヴァカリア市という大きな町がある。イペー市は、昔この町から分離独立し、その際に「イペー村」と名乗った。

2017年11月30日木曜日

2017年秋の種子と苗の購入実績



 この秋にインターネットで購入した種子や苗類が18件、約7万円になりました(下表)。これらのほかに、ニンニク栽培を始めました。近くの種子屋さんから種を購入して畑に4種類、約600粒、約6,000円分を植えました。ニンニクは種子が産物として増える体積の倍率が他の植物に比べて格段に低く、6~7倍です。菜っ葉などは体積で言えば数百万倍になります(白菜の場合、2,000~3,000g÷0.001g=200~300万倍)。その上にニンニクは種子の値段がバカに高いです(普通種で2個で500円とか、ホワイト六片などは1個350円とか)。収穫を予想しますと、ホワイト六片を120粒くらい植えましたので、この分だけで42,000円、他の種類が300個でザッと7万円、合計112,000円分が期待されます。
 ニンニク以外のインターネットの分は出費がもう少し増えそうですが、元はとるつもりです。ツルニンジンと行者ニンニク、山わさびが大半です。3種類とも栽培技術が難しいのですが、知識と経験、情報で頑張ってみます。昔、福島県大舘村の近くの柏村で山ワサビの栽培技術指導の講師を務めたことがあります。
 ツルニンジンは鹿児島県の準絶滅危惧種に指定されています。昔から存在した植物のようですが、まれにしか見ることができません。近くの友人が数個持ってきてくれたことで栽培に火が付きました。東北地方から苗と種子を大量に取り寄せましたが、種類がいろいろあるようです。根の太る速度や大きさの最大限界が異なるものが存在するようで、花房の大きさで見分けられるという情報があります。
 勿論、購入した大きなツルニンジンと、友人が持ってきてくれたツルニンジン6~7個(鶏卵大)は、本体はブランデー漬けにし、発芽部分はカットして畑に植えました。種(シュ)の保存という意味で極めて大事です。友人からの種子も播種しましたが、発芽するかどうか、わかりません。

         下表はクリックで鮮明化します
  上記以外に「サンマルシェ青空」様からエゾウコギ50粒を1,890円で購入しています。以下は同社のホームページからの引用です。エゾウコギは種2年で収穫可能です。効能も素晴らしいようです。



  北海道に自生することから、北海道(蝦夷地)の五加(ウコギ)ということで、「エゾウコギ」と呼ばれています。 他にロシアのアムール州、サハリン州、中国の黒竜江省、吉林省にも分布しています。 学術上は「ニンジン」ではありませんが、容姿が似ていることから「シベリア人参」として知られています。

根皮を薬用として用います。 
生薬名: 刺五加(しごか)、五加皮(ごかひ)

【有効成分】
数種類のエレウテロシドと呼ばれるサポニンを含有し、オタネニンジンが含有するジンセノサイドとの類似性が指摘されています。 他にクロロゲン酸、イソフラキシジンなどが有効成分です。

【効能】
滋養強壮。 抗ストレス作用があるともされる。 また、反射神経、持久力、集中力を高め運動能力を向上させる作用があるとされる。  鬱病にも効果があるとされる。

和名: エゾウコギ、シベリア人参、
英名: Siberian Ginseng、Devil's Shrub、Eleutheo
学名: Eleutherococcus senticosus

原産国: ノグリキ・ロシア
形態: ウコギ科ウコギ属、落葉低木
栽培期間: 2年
利用: 食用
発芽適温: 10~20℃
発芽率: 76%
播種時期: 11~4月
収穫時期: 播種の翌々年秋に収穫
鉢植え: 可能(5号ポット以上)
遺伝子組み換え: 無し
耐寒温度: -30℃
耐暑温度: 30℃
栽培難度: ★

【栽培方法】
■環境・土壌
日当たりと排水の良い所を好みます。 真夏の暑さが厳しい場合は、半日陰にしてください。 育て方は朝鮮人参と同じです。

■種蒔き
11~4月に種を蒔いてください。 薄く覆土して、ワラを上に乗せてください。 

■定植
適当に間引きして、秋までに本葉6~7枚まで育てて、翌年春に定植してください。 ワラは越冬の時に厚めに敷き詰めておくほうがベターです。 春になったらワラを取り除いてください。

■収穫
春に定植してからその年の秋に収穫してください。 葉が枯れてきたら収穫のタイミングです。 翌年収穫しなくても、その次の年まで放置して栽培することも可能です。

【利用方法】
秋に根を掘り上げて、土が付いたまま束ねて陰干ししてください。 民間療法としては焼酎漬けや煎じ薬として利用されています。 完全に乾燥させた根を湯(45℃)に3~5分浸して、水洗いして、さらに1カ月ほど陰干ししてください。 煎じる場合は乾かした根を3~5gmに切って、600ccの水で半量ほどになるまで煮詰めてから3回/日服用してください。 

根の外側の皮を剥いで、生薬として使ってください。

フルーツ(実)は食しません。

行者ニンニク:
高橋農園のホームページより転載(http://kome100.sakura.ne.jp/shushi-set.html
7月中旬から8月中旬頃が蒔き時です。
1.種子の採取6年生以上の苗に花を咲かせますと7月上旬~下旬に種子が採れます。
採取した種子は、乾燥させないように保管いたしましょう。
2.種子を蒔く準備お買い求めの種子は、手もとに届きましたら早めに蒔きましょう。
3.施肥と蒔床作り種子を蒔く1か月前に準備しましょう。
1アール当たり石灰30kg、堆肥300kg、鶏糞10kg、発酵油粕10kgを施します。
排水が良くて半日陰の場所を好みます。
4.播種と管理播種後は薄く覆土をしてから充分に鎮圧して藁などで覆い散水します。
発芽後、敷き藁を取り除き、乾燥しないようにする。
夏場は乾燥防止のため、日覆が必要です。
5.定植の時期芽してから3年間は移植しません。3年生の秋に定植いたします。
6.植付けと管理定植は酸性地を嫌います。定植前、5~7日位に石灰・発酵油粕・腐葉土などを
少量施して下さい。
苗は2~3本を束ねて、20cm角の升目植えが良いです。
定植後、2週間くらい経過しましたら野菜配合肥料・発酵油粕を少量、施して下さい。
夏場は乾燥しますので、畝間に藁などを敷き、寒冷遮で遮光すると良いです。
7.収穫の方法葉や茎が大きくなって15~25cmくらいに伸びましたら、根元より3~4cmを残して
刈り取りまして食用にしましょう。
収穫が終わりましたら、御礼に発酵油粕を少量、施して下さい。
☆ 6年生以上の苗ですと、葉や茎を食べないでおきますと花を咲かせ種子が採れます。
☆ 葉や茎を収穫しないでも、6~8月には葉や茎が枯れて無くなりますが、
  心配することはありません。春には大きな新芽が出てきます。
☆ 秋植えでも春植えでも収穫量には差がありません。
8.販売できる苗2年~4年生苗は管理が容易ではありません。大口で栽培される方向けです。
家庭菜園には成熟5年~8年苗などがお薦めです。
こんなに小さい種子です。   種蒔きの準備の畑です。  
     研究会のハウス圃場です     研究会の屋外圃場です

    

2017年11月29日水曜日

ワサビの植え付け・第3弾

 青森県弘前市から山ワサビの苗を取り寄せました。20本で3,100円でした。秋田県北秋田市、栃木県日光市からの苗の入手に続いて3回目です。すべて同じ畑に植えました。これで、ワサビの苗代が約1万円になりました。

青森県からの苗

 
これまでに植えたワサビの記録です:
 ① http://kirishiman.blogspot.jp/2017/11/blog-post_22.html
 ② http://kirishiman.blogspot.jp/2017/11/blog-post_17.html




-

2017年11月25日土曜日

初代霧島市長が退任

                        初代霧島市長を3期12年務められた前田終止氏が退任されました。


2017年11月22日水曜日

六方沢(ロッポウザワ)ワサビ栽培

 畑で育てやすそうな新種のワサビが数年前に出たようです。日光の六方沢の産です。5本を3,850円で購入しました。 水陸両用とのことです。
    
                          到着時の様子です。完璧です。

早速、山に定植しました。
樹高20mの杉林の中です。
 
  梱包、輸送は完璧だったのですが、私の取り扱いの不注意で葉が3枚折れてしまいました。何とか繋ごうとしたのですが無理でした。醤油漬けにして頂くことにしました。数時間後に頂きましたが、辛味も少し出ておりおいしかったです。
 



                   以下は 日光種苗様のホームページを引用させて頂きました。(観葉)野菜苗 六方沢わさび(水栽培・畑栽培両用) 3号(お買い得5ポットセット) 家庭菜園|chanet                
 
    畑でも沢わさびのように根を太く育てられる画期的品種!もちろん水栽培もOKです! 通常、野生のわさびは自らが出す辛さの成分‘アリルイソチオシアエート’が自身の生長を邪魔してしまい、根が太くなりません。そこで、わさびが出す辛味成分を水で流して中毒を防ぎ、太く育てるのがわさび田なのです。本商品「六法沢わさび」は土の中からリン酸や水分などの吸収を助けてくれる菌をわさびに持たせることによって、プランターでも沢で育てたような根の太いわさびが栽培可能です
    六方沢わさび 3号(お買い得5ポットセット) 商品サイズ(約) ●鉢(ポット)径 : 9cm × 5 ※入荷状況や生長度合いにより高さは異なります。画像はあくまでも目安としてご覧下さい。 鉢の種類 ビニールポット 栽培方法 ●水栽培の場合 水の溜められるタイプのプランターを用意し、川砂を使って栽培します。水は濁らないうちに小まめに取り替えます。溜める水の量は表土から2cmほど上に水位を保つようにするのがよ … ガーデニング 野菜 苗 わさび ワサビ 山葵 水栽培 水耕栽培 sawawasabi 20141208 HT 育て方 育成方法 栽培方法
    六方沢ワサビに関する日光種苗様への質問と回答です:

前田 久紀 様

この度は当店をご利用いただき、ありがとうございます。
ご連絡いただきありがとうございます。
 ①このワサビの先代は山ワサビですか、沢ワサビですか。
沢わさびです。
 ②単なる選抜品ですか、それとも交配で品種改良したものですか。
選別種になります。

 ③については、生産者の方の企業秘密になるそうでお答え頂けませんでした。
誠に申し訳ございません。

またご不明な点などありましたら、ご連絡をお願い致します。
チャーム 青山
    問い合わせのメール:
    ショップ チャーム ガーデニング担当者様
     下記の添付メールの「六方沢ワサビ」を購入した前田久紀と申します。  山の中の畑に植えて楽しむつもりです。  つきましては、六方沢ワサビにつきまして教えて頂きたいことがございますので よろしくお願い致します。

    質問:
      貴ホームページで「通常、野生のわさびは自らが出す辛さの成分‘アリルイソチオシアエート’が自身の生長を邪魔してしまい、根が太くなりません。そこで、わさびが出す辛味成分を水で流して中毒を防ぎ、太く育てるのがわさび田なのです。本商品「六法沢わさび」は土の中からリン酸や水分などの吸収を助けてくれる菌をわさびに持たせることによって、プランターでも沢で育てたような根の太いわさびが栽培可能です。」とあります。

      ①このワサビの先代は山ワサビですか、沢ワサビですか。
      ②単なる選抜品ですか、それとも交配で品種改良したものですか。
      品種改良の場合、交配の親種はどの様なもの(産地など)ですか。
      ③上記の貴ホームページの赤字部分「菌をワサビに持たせる」とありますが
      菌はワサビの表面についているのですか、ワサビの本体の内部に入っているのですか。
      どの様な方法で菌を持たせたのですか。
     以上よろしく教えてください。


    -

2017年11月20日月曜日

園芸用具の整理板作成

 急に寒くなったので、室内作業をした。圧縮製材板とステンレス釘代合計2,400円で芸術品ができた。玄関内の壁を利用。
               写真をクリックで拡大


2017年11月17日金曜日

ワサビの栽培

 秋田県北秋田市からワサビの苗を取り寄せました。25本で1,800円でした。確認したら山で採種した山ワサビとのことです。
 1995年8月21日に、福島県の大舘村の近くの柏村農村環境改善センターで村長様以下140名の皆様を対象に人工ゼオライトを活用したワサビの栽培技術に関して、講習会を行ったことがあります。山間農村の活性化の一環でした。自分の畑で栽培していたとはいえ、鹿児島出身の私がワサビの本場の福島県で栽培技術をごご指導するなど、おこがましいことでした。当時の資料として、田、畑地での栽培技術を簡単にまとめたものを添付します。
 そのようなことで、ワサビ栽培には執着があります。当地でも一旦は栽培に成功しましたが、7年くらい経過した後に畑の上手が山崩れしてほぼ絶滅しました。今回場所を変えて再挑戦です。 ( 写真はクリックで拡大


    水耕栽培ではなく、陸地での栽培も可能です。樹高20mの杉の大木の林間に植えました。

  下の資料は1年栽培の可能性を説明したもので、場所を選べば鹿児島県でも沢地や山間、畑地での多年栽培も充分可能です。品種の選定も注意が必要です。



2017年11月15日水曜日

朝鮮人参系の有用ニンジン各種

  日本で育っている有用人参(薬用と書けば薬事法違反)各種を、関係者の情報やインターネットで調べました。以下に記録した中の朝鮮人参、ツルニンジン、エゾウコギなど3種の栽培を始めました。
 これには背景があります。この10年来、65種類以上のイペーの試験栽培をして、淘汰されたイペーの跡地が少し空き、適当な木陰を作っています。温暖地を好むイペーの木陰で寒冷地に育つ植物の試験栽培を始めたわけです。ツルニンジンは当地近辺でも自然生育しているようです。
 


エゾウコギ (写眞はクリックで鮮明になります)
 
  朝鮮人参外聞:
「PNAXGINSENG:高麗人参情報サイト」より引用
高麗人参
 紀元前三世紀頃、秦の始皇帝の命を受け、方士徐福が不老長寿の神薬として持ち帰ったのが、朝鮮半島北部に自生していた野生の高麗人参でした。始皇帝はその薬効に大変満足しました。これを機に人参の人気が高まり、人参の需要も増大しました。
 

高麗人参のふるさとは、北朝鮮白頭山   

自生の高麗人参は、北朝鮮の白頭山を中心に半島を縦貫する山脈の密林の奥深いところなどに自生し、その採取は命の危険を伴う大変苦難なものでした。人参堀りを職業とする人はシンマニと呼ばれ尊敬されていました。自生の人参は非常に成長が遅く、成育環境によって根の形状が多様に異なります。形状を見れば産地を言い当てる仲介業者もいるそうです。とくに根全体の形状が人形をしているものが珍重されます。自生の人参は、数十年から100年以上のものもあり、産地、年数、形状などによって価値に差があります。 

日本の高麗人参栽培技術は韓国より進んでいる 

長年にわたって野生の高麗人参は、乱獲され続けられたため、数が激減しました。韓国では、種を採取し山に播いたりする栽培法が試されてきました。しかし、なかなかうまくいきませんでした。一方、日本には自生のものがなかったため、江戸時代から栽培の建久がなされ、本家韓国より栽培技術が進んでいます。自然に自生している天然ものの人参を山参(サンサム)といい、栽培されたものを家参または人参といいます。現在流通しているものはほとんどが栽培された人参です。

山参には神秘的な薬効があるといわれている

山参と人参で薬効に差があるのでしょうか。成分分析の結果、含まれるサポニンの種類が人参19種類に対し山参は30種類であったといわれていますが、解明はまだ不十分なようです。
しかし、実際に山参の優れた薬効を体験している人が多いことも確かです。人里離れた山奥の神秘的な環境で育ち非常に希少なものです。死の淵からも生還させるほどの薬効があるとも言われています。このため、山参は人参に対し100倍以上の値段が付きます。一本数百万円の値をつけるものもあります。いくら効果があっても、高ければ所詮高嶺の花です。江戸時代には、病治って首くくるとも言われました。近年、栽培法も改善が進み品質ばらつきの少ないものが生産されています今後さらに栽培技術の研究が進み、人参でも山参に負けないほど多くのサポニンを含むものが開発されることが期待されます。
 
竹節人参(栃葉人参)

ライオン田七人参研究 より引用

竹節人参の特徴

葉がトチノキの葉に似ていることから、
トチバニンジンとも呼ばれます。

根茎が1年ごとに1節増え、それが竹の節に似ていることから、和名で「竹節人参(ちくせつにんじん)」と呼ばれるようになりました。地上部はオタネニンジンと似ていますが、地下部の形態はかなり異なっています。薬用部位について、オタネニンジンでは根を使用するのに対して、竹節人参では根茎を使います。
江戸時代の初期寛永年間に、中国人の何欽吉(かきんきち)が薩摩においてこれを発見し、採集して医療に用い始めたとされています。
竹節人参の特徴
    分布

分布

日本各地 (福井、長野、奈良、群馬、香川、鹿児島など)に広く産しており、産地の樹下に生える多年草で日本特産の人参とされています 。中国の薬局方 (中国薬典) でも「竹節人参」が規定され、同じ起源植物を用いるとされています。

形態

形態草草丈50〜60㎝になります。根茎は横向きに成長してやや太く白色、竹節という名のとおり節くれ立った形状をしています。根茎は太く育ち、根そのものは細くて貧弱です。茎は直立し、単一で無毛です。葉は茎の上部に3〜5枚が輪を描くようについています。掌状複葉で小葉は5〜7個つけ、長さが1〜2㎝になります。形は、先のとがった平たく細長い形の倒皮針形か、卵を逆にしたような倒卵形(とうらんけい)で葉の先は尖っています。また、不規則にぎざぎざに切れ込みの入ったきょ歯縁をしています。花期は6〜7月で、長い花茎を出し、先端に多数の淡黄緑色の花を放射状に多数つけます。丈50〜60㎝になります。根茎は横向きに成長してやや太く白色、竹節という名のとおり節くれ立った形状をしています。根茎は太く育ち、根そのものは細くて貧弱です。茎は直立し、単一で無毛です。葉は茎の上部に3〜5枚が輪を描くようについています。掌状複葉で小葉は5〜7個つけ、長さが1〜2㎝になります。形は、先のとがった平たく細長い形の倒皮針形か、卵を逆にしたような倒卵形(とうらんけい)で葉の先は尖っています。また、不規則にぎざぎざに切れ込みの入ったきょ歯縁をしています。花期は6〜7月で、長い花茎を出し、先端に多数の淡黄緑色の花を放射状に多数つけます。